AGAは血流促進ガスで治す事ができる!ダイレクトな効果で薄毛改善

AGAに悩んでいる人はミノキシジルを使う人が多いです。しかし、副作用のために辞める人も少なくありません。そこで同じような効果を得られる方法として血流促進ガスによる治療を受けてみるといいでしょう。

・血流促進ガスとは何か

血流促進ガスとは血の巡りを活性化させるために、頭皮にガスを注入する治療です。施術により毛細血管を発達させる事ができます。薬に頼る事無く毛根に向けて酸素が届けられるように働く事から、副作用の心配も少ないのが特徴になります。

AGA治療薬と言えばミノキシジルと言えるほど浸透していますが、副作用も怖い成分なので血流促進ガス治療を検討してもいいでしょう。

・血流促進ガスの効果

血流促進ガスにより血の巡りが活発になります。すると頭皮環境が改善されるので、髪の毛が生えてきやすくなるのです。また抜け毛が減ります。

・血行促進ガスのメリット
血行促進ガスによる利点は複数あります。まずは発毛効果が高い事です。
外から塗るタイプの発毛剤とは違いますから、頭皮に直接浸透させる事ができます。そのため効果もダイレクトで迅速です。施術後も継続して毛細血管が発達していきますから、発毛効果が長引きます。

また、血流がアップする事で血の流れが活性化されると、髪の毛に必要になる栄養素もしっかりと毛母細胞まで届くようになります。
そのため髪の毛が力強く育つ事に加えて、抜け毛も減るのです。また血流促進ガスの治療は痛みはほとんどありません。血流促進ガスを頭皮に注入する際には、極細の針を使います。
すごく細い針なので施術している事にも気づかない人もいるほどです。

・どのくらい通院するのか

効果にはもちろん個人差がありますが、月2回の施術でおよそ6か月ほど通って効果を実感する人が多いです。年齢は成人以上で20代の人から60代の人まで幅広い人達が受けています。

・まとめ

今現在では手軽にAGA治療ができるのが市販もされているミノキシジルです。しかし、副作用の問題はついてくるので、同じような効果を得る事ができる血流促進ガス治療も検討してみましょう。”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする